譲渡所得に関わること

譲渡所得に関係することって?

 

譲渡するということは

土地や不動産だけに限らず、譲渡するということは大概はお金が入ってくることにつながりますよね。

その際に譲渡所得がかかってしまうものの代表と言えば、やっぱり土地や建物だと思います。事情があってマイホームを手放すことになる人、土地や建物を維持していくのが大変になってきたから譲渡しようなど、それぞれの思いがあって譲渡するのだと思います。

譲渡するということは大金が入ってくるわけですから、(1万や2万じゃないという意味で。)当然その分の税金がかかってしまうのはもう言うまでもないですが、苦労して手に入れたもの、思い入れのあるものを仕方なく手放すのだからと言って、税金が特別に免れることってまずありませんよね。

どんな条件でも、誰にでも、平等に課されてしまうのが税金です。

ですが土地や建物などといった不動産に関しては、長期譲渡所得、短期譲渡所得というものがあり、税金の計算の仕方も少し違ってきます。長期譲渡所得か、短期譲渡所得か、というのはその売った土地や建物の所有している期間で区分されるそうです。

例えば売った年の1月1日の時点で所有期間が5年を超えているというのであれば長期譲渡所得となります。逆に5年以下だった場合、短期譲渡所得となるのです。

譲渡するとなった時に、控除の面なんかでも色々と変化が出てきますから、まずは短期譲渡所得になるのか、長期譲渡所得になるのか調べてみた上で、専門の方に大体の納めることになる税額、控除の件など詳しく聞いてみられたらいいと思います。

Filed under : 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2010/9/14 火曜日
At 9:14:22
Comments :Comments Off
 
 

譲渡する時

譲渡所得というのは土地や建物だけじゃなく、よく言われるゴルフ会員権や株式、船舶、機械器具、漁業権、そして著作権などの場合にも言われるって知っていますか?こういうものらはすべて“資産”とみなされるので、もちろんそれらの何かを他人に譲渡するとなれば、必ずと言っていいほど所得が生じてくるわけです。

そういうかんじで得ている所得があるのなら、もちろんそれに対しての税金がかかってしまう場合があります。税金がかかるということは、ちゃんと確定申告なども必要になる可能性があるということですよね。

譲渡と言うとその名の通り譲り渡すという意味なわけですが、この場合、有償か無償かを問わずに、“所有資産”を移転させる一切の行為のことを言うので、一般的な通常の売買の他にも、競売や交換、財産分与、そして法人に対する現物出資なども含まれるのだそうです。これらはもちろんすべて課税対象となります。

もちろんこれらにも“対象外”というものはあり、例えば事業用の商品などで、山林や棚卸資産などというものは、譲渡所得にはならないそうです。

ちなみに譲渡所得というのは【収入金額-(譲渡費用+取得費)-特別控除額】という計算式によって、課税される譲渡所得の金額がわかります。自分はどのくらい納めなければいけないのか、そういうことを考える為にも、ちゃんとこちらの計算式で計算することをお勧めします。

譲渡するということは、一見簡単そうなことではありますが、案外複雑だったりして難しいこともあるので気をつけてくださいね!

Filed under : 譲渡所得のetc, 譲渡所得不動産以外
By jouyou
On 2010/8/10 火曜日
At 9:54:28
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得とマイホーム

住居用としている財産であるマイホームを売るとなった際に、その所有期間の長い短いは関係なく、譲渡所得から“最高3千万円”までは控除ができるという嬉しい特例があるのは知っていますか?これを3千万円の「特別控除の特例」と言うのだそうです。

ただ、その住居用の財産を売却した際の特別控除の特例を受けれるとはいっても、すべての住居用家屋に適用されるというわけではないようです。

まず、認められないのは、この特例を受けることだけを目的として、わざわざ入居したと認められた家屋について。これはもちろんですよね。そして、別荘などのように、主に住む為の家ではなく、娯楽や趣味、または保養などの為に所有していた家などについても認められないそうです。そして他にも、居住用家屋を新築する為に、その期間中だけ仮の住まいとして使われていた家屋、その理由以外にも、一時的である目的として入居していたと認められた家屋についてもこの特別控除の特例を受けることは出来ないのだそうです。

また、この特例を受ける為にはちゃんと手続きをしなければいけません。もちろん確定申告をしなければいけないのです。その確定申告書に、書類を添えて提出して、初めてこの特例を受けることができるのだそうです。

その書類とは、まず【譲渡所得の内訳書<土地・建物用>】(確定申告書付表兼計算明細書)。そして、マイホームを売った日から2か月を経過した後に、交付を受けている除票住民票の写しが必要です。(もしくは住民票の写し)

ちなみにこの除票住民票の写し、もしくは住民票の写しというのは、売却したマイホームの所在地を管轄している市区町村から交付を受けることができるので、詳しいことは聞いてみられたらいいかと思います。

Filed under : 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2010/7/28 水曜日
At 9:19:24
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得について

住宅ローン控除についていろいろと紹介してきましたが、今回は住宅ローン控除を受けていた人が、その住宅を売却して、譲渡所得の特別控除の特例などを受けたい場合、どうしたらいいのかについて紹介していきたいと思います。

購入した住宅、または新築した住宅や増改築などをした場合、その購入などを行った年の翌年(もしくは翌々年)中に、その住宅や増改築等を施したもの以外に、一定の資産を譲渡した場合、その資産の譲渡について、数ある特例の適用を受けるには、居住用にその不動産を使用した年以降の10年間の各年分については、住宅ローン控除が受けられないのです。

ここで10年間といいましたが、平成11年の1月1日から平成13年の6月30日までの間に居住用として使用している場合は15年間になります。そのことは頭に置いておいてください。

ちなみにその数ある特例について、今回はいくつか紹介していきます。

まずは「居住用財産の譲渡所得の特別控除の特例」。そして「相続などの事情によって、その取得した居住用財産を買換えしたりする場合の長期譲渡所得の課税の特例」。

他にも「既成市街地などの中にある、土地などの中高層耐火建物などを建設する為の交換・買換えの場合の譲渡所得の課税の特例」などがあります。

こういった特例がいくつもあるので、しっかりと覚えておきましょう。また、年末調整で住宅ローン控除を受けるとなった場合、その手続き方法などについてもしっかりと覚えておきましょう。

もらえるものはすべてきっちりともらうことが大事です。そして個人じゃない法人などの人であれば、税務調査の徹底対策の意味で、譲渡所得についてあらかじめしっかりと勉強しておくことをお勧めします!

Filed under : 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2010/6/8 火曜日
At 9:45:26
Comments :Comments Off
 
 

金銭のやり取りと物や権利でのやりとり

譲渡所得について色々と紹介してきましたが、土地や建物などといった不動産などを売って得た所得に関してこういった呼び方をします。その名前の通り、その不動産に関することを第三者に受け渡すというような意味なんでしょうね。

また、国税庁のホームページによりますと、金銭のやり取りで得た所得以外で、例えば権利だとか物だとかで受け取っている場合も、もちろんそれが収入の扱いとなるのだそうです。

そうなった場合は、その受け取った権利や物などの“時価”が収入金額として扱われることになるようです。金銭でのやり取り以外でも方法はあるということですね。

また、そういった資産などを譲渡することにより、何かしらの経済的な利益を受けているという場合には、その“経済的な利益”に関しても収入金額に含まれることとなるのだそうです。

もし不動産などを売却して得るものが金銭以外なら大丈夫だと思っている人がいれば、それは大間違いです。後々何か問題があってからでは面倒なことになりますから、そういったこともしっかりと頭にいれて、売却することについて考えてみてください。

また、念願のマイホームなど、何か深い思い入れがあるものを、とある事情で手放さなくてはならなくなったという場合には、分にとっても、それを買い取った相手にとっても、後々になってトラブルにならないように、しっかりと納得がいく方法で実行していってくださいね!

不動産を売却するというのは、リサイクルショップなどで洋服やバックなどを売りに行くのとはわけが違うのですから、それなりの知識もいりますし、慎重にやっていかないといけませんね。

Filed under : 譲渡所得のetc
By jouyou
On 2010/5/18 火曜日
At 9:25:46
Comments :Comments Off
 
 

売却して得た収入

土地や建物などを売却して収入を得た場合、それを譲渡所得というのですが、これには給与などと同じく必ず所得税と住民税というものがかかってきます。

これに課税される対象となるのは、売却した際の価格から、その土地や建物などを取得した際にかかった費用と、売却するときにかかった費用、および特別控除額を差し引いた金額となります。こうやって言葉で説明しても大変なので、前にも紹介しましたが計算式にすると

課税譲渡所得金額={譲渡価格-(取得費+譲渡費用)}-特別控除額などとなります。

土地や建物といいましたが、もちろん自分たちのマイホームを手放すことになった際もこれに当てはまります。マイホームの買い替えであり、マイホームを維持できなくなり手放すことになったとしても、とにかくそこから得た収入によって税金を納めなくてはいけないことは確かです。

ちなみに前にも紹介したかと思うのですが、税率に関しても、売却予定の不動産の所有期間によってまた違ってきます。長期にわたって(5年以上)所有していて売却するとなったら税率が低いですし、短期間の所有(5年以下)での売却であれば、税率も高くなります。

そして、マイホームなんかの場合は、所有期間が10年を超えると買い替え特例というものや、先ほど紹介したような税率の軽減などが適用されたりします。

自分にもいつかは関わってくるかもしれないことなので、ある程度はこういったことを覚えていたほうがいいかと思います。せっかく手に入れたマイホームを手放すなんて言うのも嫌ですし、マイホームを2度も3度も買い替えるなんてことは滅多にありませんけどね!

Filed under : 計算について
By jouyou
On 2010/4/21 水曜日
At 9:25:16
Comments :Comments Off
 
 

分離課税について

あっという間に年度末の3月になりましたね。確定申告の提出期限はもう過ぎてしまいましたが、まだ提出していないという人は、期限後申告になってもいいので、今からでも確認しながら記入して、しっかりと提出しましょう。

そんな書くて申告にも関係している譲渡所得ですが、譲渡所得と言えば関連するキーワードが「分離課税」。分離課税とは何かご存知ですか?

分離課税とはその名の通り、ある所得を他の所得と合算しないで分けて課税することを言います。

累進課税制度が取り入れられているのなら、この分離課税というのは「総合課税」を選んだケースとくらべると、“累進税率”の緩和がはかれるという目的もあります。そして分離課税制度の採用についても、あわせることで税率が低くすることができることも結構あります。

そして、申告分離課税という言葉も聞いたことがあるかと思うのですが、これは“確定申告”の段階では、ほかの所得とはあわせずにわけて課税する制度のことです。この申告分離課税が適用される所得があるのですが、それらは、まさに譲渡所得に関するもので、建物や土地などの譲渡(長期譲渡所得や短期譲渡所得)や、出資持分などや、株式などの譲渡がこれに適用されます。

他にも、山林所得や「雑所得」のうちの先物取引に関わる雑所得もこれに当てはまるのですが、退職所得に関してもそうです。ちなみに退職所得とは“退職金”のことを指します。

分離課税の制度などに関することを理解しながらしっかりと学んでいけば、これらの知識は後々自分の為になると思いますよ。

Filed under : 譲渡所得のetc
By jouyou
On 2010/3/18 木曜日
At 9:26:41
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得と純金積立

譲渡所得に関することといえば“純金積立”ですが、その純金積立による利益が出ているという場合、原則として【確定申告】による所得税納付が必要となります。ご存知ですか?

純金積立の利益がもし譲渡所得に当てはまるというのなら、場合によっては確定申告による納税が必要なんですよ。例えば他の譲渡所得を含めて50万円超の利益があるというケース。この場合は確実に確定申告が必要です。

その譲渡所得というのは、売却した金の所有期間が5年以内なのか、もしくは5年超なのかどうかで課税額が異なるのです。その所有期間が5年以内の場合は【短期譲渡所得】、所有期間が5年超の場合は【長期譲渡所得】となります。

まず長期譲渡所得の場合。
この場合は計算式が【課税所得={売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円}×1/2】となります。

購入価格+手数料が100万円、売却価格が200万円だった場合は25万円が課税所得となる計算です。そしてその25万に税率をかけた値が納税額となるのです。

そして短期譲渡所得の場合。
この場合は、【課税所得=売却価格-(購入価格+手数料)-特別控除50万円】の計算になります。購入価格+手数料が100万円、売却価格が200万円だった場合は50万円が課税所得となる計算ですね。そしてその50万円に税率をかけた値が納税額となります。

ただ、純金積立で金を購入していくとなると長期譲渡所得と短期譲渡所得が混在する形になるので、その場合は、売却したタイミングから逆算して5年以内に購入した金を短期譲渡所得、5年超の金を長期譲渡所得で計算し、合算することになるので注意してくださいね。また、こういったことは非常に複雑なので、税務署などにあらかじめ確認しておく事がおすすめです。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2010/2/16 火曜日
At 9:53:23
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得と雑談

譲渡所得とは土地や建物を売って得た所得のことですよね。
控除の話や色々な所得と合わせての確定申告だったり、地主などはそういったものが関わってくるので色々と大変ですが、しっかりとルールにしたがって納税するというのは非常に大事なことですよね。大きな収入が入ってくるのだから少し税についての知識をつけていっても自分の為になるので問題ないと思われます。

少し話しはズレますが、最近知り合いの人が家を手放したんだとか。旦那さんが元々給料が少なく、しかも奥さんがかなりの贅沢者。同居が嫌だから家を建てろといいケンカして出て行ったんだそうです。そして奥さんに戻ってきてもらう為に仕方なく家を建てることになったのですが、年収が少ないのでまともな家を建てれるような金額を借りることもできないし、旦那側の親に家のほとんどのお金をつぎ込んでもらってようやく建てたそうなのですが、これがまた分相応ということを知らない奥さんの贅沢で、収入に見合っていない大きな家を購入してしまったのだとか。

それでも親のおかげで家のローンも少なくて済んでいますから、月々の住宅ローンの支払いはたったの5万。アパートの家賃並みです。なのに奥さんの贅沢三昧な生活のおかげで、その家賃並みのローンすら払えず・・・。しかも奥さんが働かないとのことで、当然家のローンは滞ってしまって手放すことになってしまったのだとか。住んでいたのはたったの2年。

最初は親も更に生活費として援助してくれていて奥さんにお金を渡していたそうなのですが、それも自分の趣味や子供のブランド服などで使い果たしてしまい、貰ってはなくなっていくの繰り返しだったので、親ももうお金を援助することをやめたのだとか。

そして旦那さんは働かずに遊んでばかりいる奥さんに嫌気がさし、家を手放して離婚を言い渡したそうです。慰謝料請求されているそうですが、そればかりはどうなるのかわかりません。ですがその旦那さんは譲渡所得どころか、それを得てもローン分はまだ残って行きますから住んでもいない家のローンを、返し続けなければいけません。

こんなふうにはならないように、しっかりと自分たちの生活を皆そして行きたいものですね・・・。

Filed under : 雑談, 譲渡所得のetc
By jouyou
On 2010/1/21 木曜日
At 9:44:19
Comments :Comments Off
 
 

譲渡所得と確定申告

本来サラリーマンであれば何かのキッカケがない限り確定申告はしなくても年末に会社で行われる年末調整でことを済ませれますよね。

ただ、ここで言っている譲渡所得がある人に限っては、やっぱり確定申告の問題があります。先ほどキッカケといいましたが、そのキッカケとは、例えば住宅を購入しただとか土地などを売って譲渡所得をえているとか、退職金をもらったとか多額の生命保険金がおりたとか、そういったことなどですね。

いつの間にか12月になってもう10日近くもたっていますが、本当に早いものです。確定申告の時期もきっと年が明けてあっという間にきちゃうんでしょうね。最近の確定申告の作成や提出もe-Taxという便利なものがでてきて簡単に済ませることができるようになり、非常にいいのですが、それでも面倒なことには変わりないですよね。

譲渡所得というのはその建物やその土地によっては結構な額になると思うのですが、そんな譲渡所得の確定申告に備えてしっかりと前もって書類などに目を通しておいた方がいいと思います。何においても準備というのは結果的に助けてくれるものですから、忙しい時期ではありますが、譲渡所得に関する確定申告の準備はしっかりとしておきましょう。

また、譲渡所得の計算式もありますので、予め自分で大体の譲渡所得を計算しておいてもいいかもしれませんね。不動産の売却にともなって生じる譲渡所得については、他の所得とは合算しないで個別に税額を計算する分離課税方式が採用されているんだそうなので、それにしたがって計算してみてください。

Filed under : 計算について, 譲渡所得のアレコレ
By jouyou
On 2009/12/9 水曜日
At 9:38:58
Comments :Comments Off